「ほっ」と。キャンペーン

風邪の季節

そろそろ巷では風邪を引かれる方が増えて来ました。

風邪を引いたら、休息を取り医療機関にかかる事しか出来ませんが
風邪を引かないようにする事の方が重要ですね!

本年の2月頃の記事をもう一度読み返して頂きたいと思いますが
抜粋を以下に記述します


手洗い


うがい

部屋の換気

に注意してこの冬を乗り切りましょう!
[PR]
# by flower-pha | 2007-11-22 09:31 | 健康情報

知っておきたい紫外線の基礎知識

紫外線は発症因子ないし増悪因子として、ほぼすべてのシミに関与します。したがって、シミの予防として最も重要なのはこの紫外線からの皮膚の防護と言う事になります。いかのような知識があると紫外線防護に役経ちます。

1.本邦では5-7月の紫外線量が最も多く、12月の2~3倍である。
2.北海道と九州では紫外線量に約2倍の差が有る。
3.標高1000mごとに紫外線量は1~2割づつ増していく。
4.1日のうちでは正午を中心とした前後1時間が紫外線のピークである。
5.水は紫外線を透過し防護にはあまり役経たない。
6.雪面は紫外線入射光の約9割を反射する。
7.衣類、特に白系の素材は重ね着をしなければ紫外線防護には効果が少ない。
[PR]
# by flower-pha | 2007-10-15 15:27 | 健康情報

レーザーの効くシミ、効かないシミ

シミの治療と言うと真っ先にレーザー治療が思い浮かぶと思います。しかし、レーザー治療はすべてのシミに有効で有るというわけではありません。また、シミの種類によって有効なレーザーの機種も異なります。
シミの代表格である老人性色素班はルビーレーザー、アレキサンドレーザーが最も良い適応です。太田母斑や扁平母斑などはQスィッチルビーレーザー、Qスィッチアレキサンドラレーザーが保険対応となっています。
それに対して、肝班ではレーザー治療は無効であるばかりでなく、かえって増悪することもあります。肝班にはビタミンC、トラネキサム酸の内服やレチノイン酸、ハイドロキノンの外用(保険適応外)などの保存的治療が行われます。
[PR]
# by flower-pha | 2007-10-04 13:55 | 健康情報

顔面のシミとその予防

マダマダ暑い日が続いていますが、秋はもうすぐそこまで来ています。
秋は紫外線のきつい季節ですが、今回からシミについての記事を紹介します。

シミにもいろいろな種類がある

シミとは顔面の生じた黒~褐色の色素班に対する俗称です。皮膚科専門医がシミと言う呼称から想起する色素性疾患というと、肝班、老人性色素班、太田母班、雀卵班、炎症性色素沈着、色素細胞母班、扁平母班、光線性花弁状色素班などの良性のものから、悪性黒子、基底細胞癌まで多種多様です。これらはすべて異なる疾患で発症機序も異なるので、当然対応も治療も異なります。皮膚科専門医に対しては、シミの治療ないし治療のアドバイスは、単に「レザーを照射する」、「美白剤を処方する」と言う事だけでなくて、診断をはっきり聞き、治療の選択肢を提示されるとともに、アフターケアー、予防法にまで説明を求めなければなりません。
[PR]
# by flower-pha | 2007-09-20 09:29 | 健康情報

お通じ情報

食品メーカーの「カゴメ」さんが、現代女性のお通じ事情調査をしました。

そこでその記事から転記します。
便秘は女性の悩みのひとつですが、カゴメが20~50歳代の女性に実施した調査(n=412人)によると「いつも困っている」(12.4%)、「病院や薬に頼るほど困っている」(2.7%)、と回答した深刻層が1/4に上がっていました。女性が便秘になったと認定する日数は「3日続けてないとき」が36.9%と最多ですが、4日(10.9%)、5日(5.6%)の長期停滞者も少なくなく、6日以上と言う人も3.2%いました。
便秘予防には「水分をよくとる」(70.4%)、「食物繊維が豊富な食品を食べる」
(68%)、「規則正しい生活をする」(57.5%)、などが有効だとわかっているものの、普段からできているのは水分摂取(45.2%)やヨーグルト・乳酸飲料の摂取(39.6%)などで、生活リズム(規則正しい生活や運動など)や食事(食物繊維の豊富な食品や野菜・果物の摂取)などは、わかっていても実行するのは難しいようです。水分摂取やヨーグルト・乳酸飲料の摂取は便秘の解決法としても上位に位置していますが、便秘薬や胃腸薬で解決する人も20.9%(深刻層では(40.3%)に上がっていました。

以上の事から停滞期間が3日を超えると便秘と認定されます様です
[PR]
# by flower-pha | 2007-09-05 13:38 | 健康情報

どおして大人のニキビは治りにくいのか

大人のニキビは前述したような一般的な治療に抵抗性ですが、それは通常の治療に比較的反応する思春期のニキビと同等に扱い、治療するところに問題があると思われます。
大人のニキビでは、その背景にアンドロゲンを中心とするホルモンに異常があることが近年わかってきました。精神的ストレスや肉体的ストレスにより、副腎由来のアンドロゲンが増加し、それにより皮膚の毛穴閉塞を促すという発症機序が推測されています。よって大人のニキビには抗アンドロゲン治療が有効であり、アンドロゲンを低下させる低用量ピルが効果的です。

最後に
ストレスが大人のニキビの発症と深く係わっています。欧米と同様にストレス社会の日本においても、ますます大人のニキビで悩む患者さんが増加していくと考えます。
大人のニキビの病態は男性化微候の1症状であり、青春のシンボルのニキビとは違う病気だという事を認識してほしいと思います。
[PR]
# by flower-pha | 2007-08-27 14:32 | 病気情報

おとなのニキビの特徴

この病気には5つの特徴があります。


① 20歳代から30歳代の1日中パソコン業務をしているような多忙な職業に
   就いている女性に多い
② 顎部や首に大きなしこりや膿疱を認める
③ 月経前に症状の増悪がある
④ なぜか思春期ににきびがなく、思春期を過ぎてから発症するケースが多い
⑤ 内分泌的背景に高アンドロゲン血症を高頻度に認める


大人のにきびの典型的臨床像は、下顎等に大きな丘疹、膿疱があり、鼻や額が
好発部位の思春期のニキビはこの点で異なります。
この特徴を知れば、診断は簡単です。

にきびの治療

一般的に、炎症性病変と非炎症性病変に分けて、にきびを治療します。
非炎症性の個疹には、洗顔の指導や硫黄ローションの外用薬が基本です。
また、理学的な治療としてケミカルピーリングも行われています。
炎症性個疹の治療は、抗菌剤の局所外用治療が第一選択で、それでだめなら抗生物質
の全身内服治療が用いられます。
[PR]
# by flower-pha | 2007-08-17 16:46 | 病気情報

大人のにきび 

今回から大人のにきびについての文献から紹介します
なお文献は相澤クリニックの相澤浩先生によるものです

はじめに

痤瘡(ざそう)は一般的には”ニキビ”といわれ、思春期の男女の80%にできるありふれた
病気ですが、皮膚科としても、ありふれた病気の為、軽く見られがちです。
この病気を生理現象のひとつとして捉えることもできますが、症状の強い場合は皮膚疾患
として考えなければ成りません。にきびで悩んでいる人は、想像以上に多いのです。
さらに顔面に症状が出来る為、患者さんにとって深刻な問題でもあります。
にきびは、患者さんが医師の診察を受ける場合、皮膚科以外を受診することも多く、
一般臨床医が診察にあたる機会の多い病気です。そのため、この病気を正しく理解し、
適切な治療法を理解する事が大切です。
また、にきびには青春のシンボルとも言われ、思春期に好発されると
されてきましたが、女性では思春期を過ぎても治癒しない高年齢のにきびや、
思春期後に初めて発祥する”大人にきび”が最近増加しています。
このような大人にきびを「青春期後痤瘡(ざそう)」と呼びます。

次回は、最近増加傾向にあるこの大人にきびについての話を書きます。
[PR]
# by flower-pha | 2007-08-04 14:31 | 病気情報

激安のうどん屋さん

久しぶりの投稿と成りますが
非常にリーズナブルな値段で、食べさせてくれるうどん屋さんを紹介します

お店は角千さんと言いますが、春日井高校近くの角千さんは昔から安くて美味しいお店で有名でした

場所は19号から春日井高校の西門の方に伸びている桜並木沿いに有ります
お店に余りお金をかけない分お値打ちな価格で食を提供してくれる
うれしいお店です

a0074747_1611177.jpg



ラーメンが490円で500円前後で麺類が食べれますが、ご飯物が無いので
ご注意願います
それと最近は夕方の営業が無くなりましたので昼のみの営業となります
場所は    ↓
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F14%2F12.373&lon=136%2F58%2F5.594&layer=0&ac=23206&mode=map&size=l&type=static&pointer=on&sc=2

です
[PR]
# by flower-pha | 2007-06-29 16:13 | 美味しいもの

2015年の病気

150名の医師に聞きました「2015年に患者数がもっとも増加する疾患とは
のアンケート調査を入手いたしました。

その調査によると、医師が対象60疾患中、2015年に患者数がもっとも増加する疾患に挙げたのは、「糖尿病」で、次いで「糖尿病性腎症」「糖尿病性網膜症」「糖尿病性神経障害」の3大合併症が80%超の増加率を示すものとして予測されています。
直近のデーターでは糖尿病の患者数が740万人とされてますので、10年後には1432万人に膨れ上がる事になります。

国際糖尿病連合がまとめた世界の糖尿病患者数は2億3000万人以上(成人人口の6%)で、糖尿病関連死亡数も年間300万人以上、10秒に1人が糖尿病で亡くなっている計算です。

さらに今後20年間で1.5倍の3億5000万人に増加するものとみており、「糖尿病と共に生きる人々の数はアメリカ、カナダ、オーストラリアの現人口の合計をまもなく上回るだろう」としています。

糖尿は合併症を引き起こす怖い病気ですので、予防と検査を怠らぬよう気をつけましょう!
[PR]
# by flower-pha | 2007-05-29 14:20 | 病気情報