ジェネリック医薬品について その1

今日は2006年6月20日ですね
日本の表記では2006/6/20ですが
海外での表記は20/06/2006となり 20062006
と重なる面白い表示日になります

記念すべき初記事がぞろ目の日とは・・・
多分幸運だと勝手に思い 記事を書きますネ

ジュネリック医薬品については、皆さんTVのCMでご存知だと思いますが
もう少し詳しい説明をします
今回は品質について、ご説明致します


以下 ジェネリック医薬品の説明書からの抜粋です

ジュネリック医薬品の製造・販売には、厚生労働省による厳しい基準が
設定されてます

先発品と同等であると公的に承認を受けた医薬品が、ジェネリック医薬品です
また、さまざまな試験・検査でも、先発品と同等の品質であるとの結果が出ています
先発品の特許が満了するまでには、安全性や有効性が十分チェックされてます
問題があった場合、その成分を利用したジェネリック医薬品は承認されません
ジェネリック医薬品の品質・安全性・有効性はしっかりと確保されています



ここで、一般的に言われていない重要なポイントを説明します
品質有効性は先発と同等と言われていますが、成分の中に含まれている
添加物の内容については違いますので、ご注意願います


わかり易く言うと言うと ある料理のレシピが公開されているとして
実際にプロの料理人が作るときには、レシピだけでは表示できない事が有り
出来上がった料理に差が出ます
こういった事がジェネリック医薬品にも想定されますので、もしジェネリック医薬品を
処方希望される場合は、お医者さんや薬局にて十分な説明を聞いて
処方されることをお勧めします

以上フラワー調剤薬局からの記事でした
[PR]
by flower-pha | 2006-06-20 08:59 |
<< ジェネリック医薬品について その2 はじめまして >>