ジェネリック医薬品について その2

今日はジェネリック医薬品の安全性についてお話したいと思います
(日医工さんの資料からの情報です)

安全性と有効性
先発品の有効成分は、新規成分のため、少数の患者さんを対象とした臨床実験
を実施してから販売されます。さらに予期せぬ副作用などを調査するため、
発売後の一定期間は多くの患者さんで、調査を実施します。
ジェネリック医薬品はこの調査の後に販売されます。
したがって、先発品と同じ成分のジェネリック医薬品は、安全性と有効性が
確認されている
ことになります。

また、ジェネリック医薬品は、先発品に比べて開発期間や費用は少なく済みますが
先発品と同様、薬事法などの法律やルールに基づいて許可された安全な
工場で製造されています。


品質の保証として
ジェネリック医薬品の品質を保証する「品質再評価制度」も進められています。
現在多くのジェネリック医薬品がリストに掲載され、公的に品質が保障されています。


以上の事からジェネリック医薬品は安心して使える事が判ります。
[PR]
by flower-pha | 2006-06-21 10:26 |
<< かかりつけ薬局について ジェネリック医薬品について その1 >>