動脈硬化を防ぐ食事

食生活の基本は、バランスのとれた献立を考え、程よく知的に食べることです。

高脂血症などの成人病の予防や治療効果を高めるには、次の二つがポイントです。

カロリーやコレステロールをオーバーしないこと。
  コレステロール値の高い人が、次に述べるような高コレステロール食品を摂取すると、
  その値が余分に高くなりますので、一日300mg以下に抑えましょう。

鶏卵は100gで470mg
鶏レバーは100gで370mg
イカは100gで300mg
牛レバーは100gで240mg
くるまえびは100gで190mg

伝統的な日本食のよさを見直すこと。
 イワシ、サバなどの青みの魚には、体内のコレステロールや中性脂肪を減らすEPAが
 多く含まれています。
[PR]
by flower-pha | 2006-07-01 10:27 | 病気情報
<< 成人病の対策 ジェネリック医薬品について その4 >>