老人保険制度の変更

10月1日から老人保健が変わり負担額が変更に成ります。

今回の変更点は70歳以上の方で現役世代並みの所得のある人の医療費の自己負担額
が今の2割から3割 に引き上げられます。

そこで現役世代並みの定義について春日井市役所に問い合わせた所
以下の回答が有りましたので、このブログにて判りやすく説明いたします。

現役世代並みの定義
課税所得額が年額 145万円以上の方とその世帯に属する方です。
但し年収が70歳以上の夫婦2人以上世帯で520万円未満、単身世帯で383万円未満の方は届け出れば一部負担額は1割と成ります。
そして年収が70歳以上の夫婦2人以上世帯で520万円以上621万円未満、単身世帯で383万円以上484万円未満の方は届け出れば自己負担限度額「一般」を適応出来るそうです

逆に言えば621万円以上の方は10月1日から自己負担額が現在の1割から3割
と成ります。520万円~621万円未満の方は何らかの負担額低減措置の
可能性が有りますので、市役所等にて良く相談される事をお勧め致します。

又もっと詳しい情報が必要な方はコチラにて参照願います。
[PR]
by flower-pha | 2006-09-27 11:11 | フラワー調剤薬局
<< 子供の薬 子供の薬 >>