薬の正しい使い方 その1

1. 添付文書(能書)など必ず読もう
添付文書などには、用法・容量、効能・効果などのほか、使用上の注意、副作用が
記載されてあります。 必ずよく読んでから使用する習慣をつけましょう。

2.用法・容量を正しく守ろう
薬の作用には、使用量と深い関係が有ります。ある量以下では作用が現れないし、ある量
以上では有害な作用を生ずる恐れが有ります。定められた通りの用法・用量を守りましょう。

3.服用時間を守りましょう
薬は、それぞれ定められたりした時間に飲まないと効果が無かったり、副作用が
生じる事が有ります。

食前:胃の中に食べ物が入ってない時(食前1時間~30分)
食後:胃の中に食べ物が入っている時(食後30分以内)
食間:食事と食事の間の事で、例えば朝食と昼食の間。 
食事中に服用するという意味では有りません
[PR]
by flower-pha | 2006-11-21 14:46 |
<< 薬の正しい使い方 その2 薬の上手な使い方 その2 >>