お通じ情報

食品メーカーの「カゴメ」さんが、現代女性のお通じ事情調査をしました。

そこでその記事から転記します。
便秘は女性の悩みのひとつですが、カゴメが20~50歳代の女性に実施した調査(n=412人)によると「いつも困っている」(12.4%)、「病院や薬に頼るほど困っている」(2.7%)、と回答した深刻層が1/4に上がっていました。女性が便秘になったと認定する日数は「3日続けてないとき」が36.9%と最多ですが、4日(10.9%)、5日(5.6%)の長期停滞者も少なくなく、6日以上と言う人も3.2%いました。
便秘予防には「水分をよくとる」(70.4%)、「食物繊維が豊富な食品を食べる」
(68%)、「規則正しい生活をする」(57.5%)、などが有効だとわかっているものの、普段からできているのは水分摂取(45.2%)やヨーグルト・乳酸飲料の摂取(39.6%)などで、生活リズム(規則正しい生活や運動など)や食事(食物繊維の豊富な食品や野菜・果物の摂取)などは、わかっていても実行するのは難しいようです。水分摂取やヨーグルト・乳酸飲料の摂取は便秘の解決法としても上位に位置していますが、便秘薬や胃腸薬で解決する人も20.9%(深刻層では(40.3%)に上がっていました。

以上の事から停滞期間が3日を超えると便秘と認定されます様です
[PR]
by flower-pha | 2007-09-05 13:38 | 健康情報
<< 顔面のシミとその予防 どおして大人のニキビは治りにくいのか >>