レーザーの効くシミ、効かないシミ

シミの治療と言うと真っ先にレーザー治療が思い浮かぶと思います。しかし、レーザー治療はすべてのシミに有効で有るというわけではありません。また、シミの種類によって有効なレーザーの機種も異なります。
シミの代表格である老人性色素班はルビーレーザー、アレキサンドレーザーが最も良い適応です。太田母斑や扁平母斑などはQスィッチルビーレーザー、Qスィッチアレキサンドラレーザーが保険対応となっています。
それに対して、肝班ではレーザー治療は無効であるばかりでなく、かえって増悪することもあります。肝班にはビタミンC、トラネキサム酸の内服やレチノイン酸、ハイドロキノンの外用(保険適応外)などの保存的治療が行われます。
[PR]
by flower-pha | 2007-10-04 13:55 | 健康情報
<< 知っておきたい紫外線の基礎知識 顔面のシミとその予防 >>