2006年 07月 10日 ( 1 )

嗜好品その2

ちょっとクドイかも知れませんが

タバコの健康から見た害について補足させて下さい。

喫煙者が禁煙すると、癌や心臓病の死亡率は一年後には減少し、5年後
にはほぼ非喫煙者の水準まで下がると言われています。
英国のある学者は、タバコを1本吸うと、寿命が5.5分縮むと報告しています。
タバコはいつやめても遅すぎることなく、逆に早すぎることもないのです。

それと フラワーからのお願いですが

名古屋市の繁華街(栄とか藤が丘)では禁煙地区が設けられてます
これは非喫煙者への影響だけでなく幼い子供へのタバコの火の事故を
防ぐ意味も有ります。 
規制地域だけでなく歩きながらの喫煙には十分注意して下さいませ!

[PR]
by flower-pha | 2006-07-10 09:09 | 病気情報