2006年 07月 18日 ( 1 )

赤ワインの効能

赤ワイン は心疾患を防ぐとも言わていますが
今日は赤ワインの話です。

「フレンチ・パラドックス」って言葉が有ります。
コレはフランス人は肉料理をたくさん食べるにもかかわらず、心疾患による死亡率が
他の欧米諸国よりぐんと少ない為この言葉が使われています。

その理由は「フランス人は赤ワインを良く飲むから」とされています。
赤ワインにはフェノール類が含まれていて、それがリポ蛋白の酸化を防ぎ、ひいては
動脈硬化の発症を抑えてくれるのです。
a0074747_915480.jpg

赤ワインに限らず、適量のアルコールは善玉(HDL)コレステロール
を上げ、悪玉(LDL)コレステロールを下げて、動脈硬化や冠動脈疾患のリスクを
低めるといわれています。

あくまでも適量の話ですが・・・
[PR]
by flower-pha | 2006-07-18 09:02 | 病気情報