2006年 07月 21日 ( 1 )

高血圧症について

今回は血圧についての説明です。

人間の体は、心臓がポンプの役目を果たし、収縮・拡張することで血液を全身に循環させ、生命を維持しています。血液を心臓から送り出すときに血管にかかる圧力、これを“血圧”といいます。
 最大血圧は心臓が収縮するときの“収縮期血圧”を指し、最小血圧は心臓が拡張するときの“拡張期血圧”を指します。
 高血圧とは、心臓が血液を送りだすときの圧力が高い状態を言い、圧力によって血管が傷つく可能性が高いのです。脳や心臓などの重要な部分の血管に傷がつくと、生命の維持に危険な状態に陥る可能性もあります。

血圧の正常値は、最高血圧が130未満、最低血圧が85未満であり、

どちらか一つでもこの数値を超えたら高血圧症です。


近年は、最高血圧120未満、最低血圧80未満が適正な血圧値とされています。

適正な血圧値とは、病気を起こしづらい最適な値を意味します。

皆さん自分の血圧に興味を持ち、珠には計りましょうね!
[PR]
by flower-pha | 2006-07-21 08:54 | 病気情報