2006年 11月 17日 ( 1 )

薬の上手な使い方 その2

a0074747_112954100.jpg薬の記録を付けましょう


自分の使っている薬の記録を付けておくと、病院や薬局にかかった時、医師や薬剤師に薬の名前などをきちんと伝える事ができます。
そして薬の安全性が高まります。
また、自分の使っている薬を正確に知り、副作用や誤飲を防止したり、病気の治療に積極的になると言うメリットも有ります。
病院の薬、薬局で調剤した薬、普段から使っている大衆薬について、薬の名前や服用時間、服用してして気が付いた点などを”お薬手帳”に記入しておきましょう。
薬局、薬店の薬剤師に頼んで記入してもらってもいいでしょう。
[PR]
by flower-pha | 2006-11-17 11:32 |