2007年 05月 07日 ( 1 )

ステロイド薬について その6

しかし、ステロイド処方は薄氷を踏む思いで

今回でステロイド外用薬の話は最終となります

前回までの内容のまとめになりますが、ステロイド処方は適正に使用しない限り、
ステロイド外用薬で毛細血管拡張や皮膚萎縮が起こることは事実ですので、その処方と
フォローにあたっては慎重でなければならないことは言うまでも有りません。
ステロイド外用では裁判もあったことを銘記するする必要があります。ステロイドを処方する医師
は「過度の心配」にも「過度の安心」にも陥ってはなりません。ステロイド外用薬は安易に
処方すべきものではないのです。患者さんの心の片隅にはちょっとした心配感が残っている
事も知っておかねばなりません。
[PR]
by flower-pha | 2007-05-07 10:35 |